オウンドメディア運用

企業のメディア戦略は時代とともに変化します。
世の中には情報が氾濫しすぎていて広告や宣伝にお金を費やしても昔ほどの効果はありません。
モノや情報があふれて不自由しない時代に企業の価値を高めるのはオウンドメディアです。
消費者にとっての自社の価値を高めるためにオウンドメディア運用が注目を浴びています。

メディア戦略の基本は各メディアの性質を捉えて活用することです。
人に自社の存在を知ってもらうメディアがテレビや雑誌などに掲載される宣伝広告です。
ソーシャルネットワークサービスが一般化したことで情報は個人のユーザーからも広められるようになりました。
オウンドメディアの役割は他のメディアの情報を補完することです。
オウンドとは自分が保有するという意味です。
自社が保有するウェブサイトやメールマガジンを活用した情報戦略がオウンドメディアです。
オウンドメディアがあることで自社の情報を消費者に発信することができます。

今までの自社サイトと戦略的におこなわれるオウンドメディアの違いは視点です。
自社が提供したい情報を公開してきたのが昔からおこなわれてきたメディア活動。
オウンドメディアは消費者、ユーザー目線で欲しがっている情報を提供することで自社のサイトまで誘導します。
企業戦略において重要なのは消費者の心をつかみ関係を構築することです。
このページではオウンドメディアに関する情報をまとめています。
オウンドメディアの導入を検討する人にも役に立つ内容になっています。



【注目サイト】
オウンドメディア構築のポイントなどを紹介しているコンテンツマーケティング支援サイトです > オウンドメディア構築